1. HOME
  2. クラウドファンディング
  3. おすすめ
  4. 歌で紡ぐ共に生きる社会。インクルーシブな子どもコーラスの演奏会。
       

歌で紡ぐ共に生きる社会。インクルーシブな子どもコーラスの演奏会。

クラウドファンディング紹介

▼「誰もが自由で創造性を発揮できる共生社会」を目指して
はじめまして、一般社団法人エル・システマジャパンの代表理事・菊川穣です。私たちは、南米ベネズエラで始まった「El Sistema」という音楽教育プログラムをベースに、「立場や能力に関わらず、全ての子どもが集団での音楽教育を通して積極的に自己実現をはかっていく」ことを支援してまいりました。

「El Sistema」はスペイン語で「システム(仕組み)」という意味です。貧富の格差が大きいベネズエラで、音楽を通して青少年に生きる力を与えて、犯罪予防や地域振興ができる「仕組み」を作ろう、という壮大なビジョンをもとに1975年に始まり、現在は100万人以上の子ども達が参加しています。さらにこの「仕組み」は、現在70以上の国と地域で、様々な社会課題に取り組む実践が広がっています。

日本でのエル・システマジャパンの誕生は2012年。「共創の音楽で子どもたちに生きる力を、地域に元気を」をミッションに掲げ、これまで、東日本大震災の被災地である福島県相馬市と岩手県大槌町において、自治体を通した「子どもオーケストラ&コーラス」の活動や部活動支援などを行ってきました。東北の被災地だけでなく、2017年からは長野県駒ケ根市、東京都に活動を広げ、今年は大阪府豊中市、京都府舞鶴市でも地域の特色を生かす取組みが始まっています。

国内外の皆様のあたたかいご支援より、栄誉ある「国際交流基金地球市民賞」を受賞し、10周年という節目を迎えられた今年。エル・システマジャパンは、次の10年を見据えて、新たなビジョン「誰もが自由で創造性を発揮できる共生社会」を策定しました。

東京では、2017年より東京芸術劇場とともに(旧称)東京ホワイトハンドコーラスとして、“共創の音楽”を目指してまいりました。様々な視点から音楽を見つめ直す中そこからその後生まれたのが、「東京子どもアンサンブル」のコーラス活動と「クリエイティブ・ワークショップ」です。前者は、楽譜を使わずとも芸術の高みを目指していくコーラス、後者は現在、ろう者の視点に立った音楽の世界の可能性を広げていく試みを行なっています。どちらも才能豊かな講師陣が、子どもたちの力を引き出してきました。

続きはこちら

CROWDFUNDING

クラウドファンディング | おすすめ