1. HOME
  2. クラウドファンディング
  3. おすすめ
  4. 御鎮座壱千弐百年の改修開始宣言|崩落寸前の関蝉丸神社下社を未来へ
       

御鎮座壱千弐百年の改修開始宣言|崩落寸前の関蝉丸神社下社を未来へ

クラウドファンディング紹介

その昔、琵琶の名手であった蝉丸公を神格化して祀った関蝉丸神社下社は、「芸能の祖神」として崇められ、音曲芸道に携わる人々が全国から参拝に訪れ、諸芸人の信仰を集めていました。

しかし、時代の流れと共に蝉丸信仰が薄れ、境内は老朽化。建物の傷みが酷く、あちこちで雨漏りがしており、現在はブルーシートによる応急処置で悪化を防いでいる状態です。

おりしも今年7月に、幣殿の梁(はり)が突然崩れ落ち、内壁も剥がれ落ちるという切迫した状態に陥りました。このままではこれまで紡がれてきた大切な歴史を守り継ぐことができません。

昨年、社殿の修理にかかる膨大な費用を賄うために初めてクラウドファンディングで協力を求め、約700万円のご支援をいただきました。ご協力いただいた皆様には、改めて心から感謝を申し上げます。

しかしながら、未だ工事に取り掛かれていません。というのも、真っ先に取り掛かる本殿入口の屋根の修理だけでもおよそ2,000万円の費用がかかり、屋根回りとその周辺を修理するためには前回のクラウドファンディングの支援金とこれまでに貯めてきた資金では足りないのが現状です。

私たちは御鎮座壱千弐百年を契機とし、この関蝉丸神社をなんとしてもよみがえらせたいと考えています。今一度クラウドファンディングに挑戦し、今度こそ改修工事に取り掛かり、未来へ夢と希望をつなげてまいります。

「平安の世から諸芸人を支え続けたこの神社を、これから先も芸の上達を願う人々らの拠り所として存続するよう、よみがえらせたい」という想いを胸に、次世代へこの貴重な神社をつないでいくためにもメンバー一丸となって取り組んでいく所存です。

皆様から温かいご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

続きはこちら

CROWDFUNDING

クラウドファンディング | おすすめ