1. HOME
  2. クラウドファンディング
  3. おすすめ
  4. がんを予防するチャンスを逃した世代にもう一度知る機会を提供したい!
       

がんを予防するチャンスを逃した世代にもう一度知る機会を提供したい!

クラウドファンディング紹介

「知らなかったまま、後悔しないでほしい。」

〜あなたのお子様やパートナー、同僚や部下が、防げたはずのがんになってしまったら。予防する手段を知らなかっただけで、がんになることほど、悔しいものはない〜

私たち『若者にHPVワクチンについて広く発信する会 Vcan』は、HPVワクチンの正しい知識を日本のキャッチアップ接種世代787万人全員に伝えることを目標に、2021年の設立から、全国の医学生を中心とした大学生が主体となり「勉強会の開催」などに取り組んできました。

しかし、これまでの勉強会を中心とした動き方では、「HPVワクチンの安全性や有効性、子宮頸がんの恐ろしさをキャッチアップ接種世代787万人全員に伝えるのは難しい」と感じています。実際、当事者世代のうち、HPVワクチンについて知っているのは、まだたったの半数。

そこで、キャッチアップ接種世代のうち、まだHPVワクチンについて知らない350万人に届けるための戦略を考え直しました。考えたのが「周りの1人1人から徐々に、身近な人に子宮頸がんについての情報を広めていく」という戦略です。

この戦略の第一歩として、「参加者150人がこれから半年以内で13人に広めたくなる企画」をテーマに医療系大学生を対象とした『蛍光ハンドペイントフェス』を開催します。目的は、医療系大学生に、楽しみながらHPVについて理解を深めてもらうことです。そこから多くの人々に情報が広がっていくような仕組みづくりをしていきます。

このクラウドファンディングでは、イベントの開催費用とそれに伴う中高ツアーの拡大へ向けた費用を集めます。がんを予防するチャンスを逃した大学生に、もう一度知る機会を提供するため、ご支援・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

続きはこちら

CROWDFUNDING

クラウドファンディング | おすすめ